風水ではトイレの床には物を置かない方がよい理由

風水ではトイレの床には物を置かない方がよい理由

スポンサーリンク

トイレが整理、整頓されていないと気が乱れるといわれます。
なぜかというと、トイレの陰の気は床にたまるからです。
なので、床に物が沢山置いてあると陰の気が増します。
床にはできる限り何も置かないのがベストです。

 

・床について
床は、基本的に浄化アイテムやブラシ以外は置かないようにします。
トイレットペーパーは棚に置くなどして高いところに置くようにします。
また、必要ない分はトイレ外の収納に入れておくほうがよいです。

 

・新聞や雑誌
トイレで新聞や雑誌を読むなどする人は・・・割といるようです。
トイレに長くいるのはトイレの陰の気の中に長くいるということになるので必要以外はいないようにしましょう。
また、トイレに新聞や雑誌を置きっぱなしにすると陰の気を吸収してしまいます。
それを部屋に持ち込むと部屋にまで陰の気を充満させることとなります。
スマホなども同様ですので、注意しましょう。

スポンサーリンク

・写真などを飾る
たとえば家族などの写真をトイレに飾るのはダメです。
あまりいないと思いますが・・・
これをすると家族関係が悪くなり、健康運も下がってしまいます。
ちなみにカレンダーもダメです。
カレンダーが陰の気を吸収して、予定をくるわせてしまったりします。

 

・掃除用具など
掃除用具などは収納スペースを作って目につかないようにします。
収納スペースが作れない場合は観葉植物をおいてその後ろにまとめておくといいです。

 

・タオルなど
トイレで使用するタオルはトイレ専用にしましょう。
これはトイレの陰の気を外に持ち出さないようにするためです。
スリッパは必須ですので、マットを敷いたとしてもスリッパははきましょう。

 

・悪臭対策
消臭剤や竹炭などを必ずおいて悪臭対策をします。
竹炭は消臭効果が高いのでおすすめです。
少し多めに置いておくといいでしょう。

スポンサーリンク

 

トップページ