風水による寝室のレイアウトを考えてよい睡眠環境を

風水による寝室のレイアウトを考えてよい睡眠環境を

スポンサーリンク

人にとって睡眠とは非常に重要です。
よい睡眠環境を整えるには気が滞りなく流れて安らげる環境を作ることが大事です。
健康にも影響を及ぼすので注意しましょう。

 

梁の場所に注意

家を支えるために天井に太く渡されているのが梁と呼ばれる物です。
梁は家にとって大切なパーツではあります。
しかし梁の真下というのは気が乱れやすい場所でもあり、見えない圧力がかかってくる場所でもあります。
このような場所では眠りが浅くなります。
梁の場所を確認し、梁の真下にベッドは配置しないように注意しましょう。
しかし、どうしても梁の真下にベッドを置かざるをえない場合もあると思います。
そういった場合は風水アイテムで「圧殺水晶施渦墜」というものがあります。
これを梁の両脇に吊り下げるとよいでしょう。

スポンサーリンク

鏡や家電製品の置き場所は・・・

寝室に鏡があることは多いと思いますが設置場所に注意です。
寝ている姿が鏡に映るような場所には鏡を置かないのが基本です。
寝ている自分が鏡に映ると、よい気が奪われます。
しかし、鏡自体を設置することは悪いことではないので、注意して設置すればいいです。

 

ベッドの横などに置きがちな携帯電話、スマートフォン、テレビや目覚まし時計などの家電製品は電磁波を出しています。
この電磁波は気の流れを乱します。
睡眠を阻害する原因ともなります。
ベットからは遠ざけておいた方がよいでしょう。

 

汚れた布団や湿気に気を付ける

当然ですが、汚れた布団やシーツ、枕カバーは悪い気を発生させます。
定期的に洗濯して、干すように心がけましょう。

 

寝室では特に湿気を注意しましょう。
湿気は不浄の気の発生源ともなります。
湿気がある場所を寝室としていたら、健康運を落とすこととなります。
換気の悪い部屋が寝室という場合は除湿機を使いましょう。
また、竹炭を多く置くことで調湿作用が働きますので、竹炭を置くことはおすすめです。

スポンサーリンク