風水による玄関の鏡の置き方、向きに注意

風水による玄関の鏡の置き方、向きに注意

スポンサーリンク

鏡は風水にとって、とても重要なインテリアになります。
重要なアイテムなだけに、置く場合は注意が必要となりますので、ここで説明します。

 

また風水に限らず玄関に鏡を置くことは、出かける前の身だしなみの確認や空間を広く感じる効果もあります。

 

玄関に置く鏡のサイズ、場所は?

鏡についてもいろいろなサイズの物があります。
大きな姿見のサイズや横長、丸、正方形、多角形などなど
小さいサイズはあまりおすすめできません。
せめて顔全体がうつるようなサイズを選ぶといいと思います。
鏡の形によって効果は違うのですが、一番のおすすめ八角形の鏡です。
北向きの玄関ですと財を守るといわれ、南向きですと美や才能をよくするといわれます。

 

また姿見の横長の大きなサイズの鏡などもおすすめです。
全身がうつるサイズが理想です。
木のフレームですとなおいいです。

 

おすすめは上記ですが、特に形状はそこまで気にしなくても大丈夫です。
好みで選ぶといいと思います。
こてこてに風水を考えすぎても大変です。

 

また置く場所は玄関に入ってから右側の幸運のスポットといわれる青龍位に置きます。
これは重要ですので、必ず守りましょう。

 

一軒家に多いのが玄関向かい側に階段がある場合は階段内に凸鏡をおくとよいです。

スポンサーリンク

鏡を置く場合の注意点

これは言うまでもなく、合わせ鏡はダメです。
合わせ鏡については、風水と関係なくとも、よくないとか不吉な噂がいろいろとあります。
やめておきましょう。

 

玄関の正面に鏡を置くのはダメです。
これは絶対にやめましょう。
正面に置くと気を反射して追い返してしまいます。

 

鏡はきれいにしましょう。
意外と鏡は汚れやすいです。
できる限りきれいに清潔にしましょう。
風水の基本は整理、整頓されていて、清潔なことです。
玄関だけでなくこの基本は守りましょう。

スポンサーリンク

 

トップページ