玄関の風水の基礎、表札は絶対に必須の理由とは

玄関の風水の基礎、表札は絶対に必須の理由とは

スポンサーリンク

玄関に表札は風水では絶対に必要です。
その理由について説明していきます。

 

風水で考えると表札というのは人が住んでいることのしるしなのです。
つまり表札がない=人が住んでいないとなります。
人が住んでいないところには当然運気は入ってきません。
風水的には表札を設置して、ようやくその家に人が住んでいるということになります。
つまり、どれだけ家の中の風水を頑張っても表札がなければ、運気が入ってこないということになりますので、表札は絶対必須ということがわかります。

 

風水からみた、よい表札とはどんなものかを説明していきます。
まず、木製の表札がいいです。
縦書きの墨字がベストです。
文字を彫るというのはやってしまいがちですが、風水からみるとダメです
墓石を連想してしまうようです。
つまり縁起がよくありません。
逆に名前が盛り上がっているのは繁栄をもたらすといわれるので吉です。

 

そして表札を取り付ける位置は目線より若干高めの位置です。
だいたい180センチの高さが目安としてあります。

スポンサーリンク

しかし、今の時代のマンションなどの場合上記のような縦書きの木製の表札は合わないということがよくあると思います。
合わないのにつけるのも微妙です。
なので、自分の家の玄関に合った表札を選ぶといいです。

 

そこでNGなのが石が素材の表札です。
そして黒い色がNGです。
そこを気を付ければタイルなどの素材でも大丈夫でしょう。
男性がいる家なら白色を選ぶのがベストです。
女性のみならピンクでも大丈夫です。
文字が縦書きが合わないようなら横書きでもいいですが、彫らないことと黒色で文字を書くということは守りましょう。

 

そして風水の基礎である、汚れたらこまめに掃除をしましょう。
毎日こまめに拭いてあげるといいでしょう。

 

以上のように、表札というのは風水にとってはとても大事です。
運気の入り口の玄関はしっかり対策をしましょう。

スポンサーリンク

 

トップページ