風水にとってよくない合わせ鏡とは

風水にとってよくない合わせ鏡とは

スポンサーリンク

合わせ鏡とは・・・
皆さんご存知だと思いますが、鏡と鏡を向かい合わせにすることをいいます。
こうすると鏡が鏡を映しあい、鏡が無限に見えてしまいます。

 

この合わせ鏡にはよくない噂が多いです。
・午前0時、午前2時に合わせ鏡をしてはいけない
・自分の死に顔が見える
・寝ている姿を鏡にうつしていると生気を吸われる
などなど様々に都市伝説があります。

 

よくない印象を持つ人が多いでしょう。
しかし、マンションなどで初めから合わせ鏡になってしまっていることがあるようです。
主にお風呂場と洗面所が合わせ鏡になってしまっていることなどがあります。

 

こういった家に住んでいると気になります。
合わせ鏡ってどうなんだろうと。

スポンサーリンク

実際風水的には合わせ鏡はしてはいけないことの一つです。
鏡は風水では非常に重要なアイテムとなります。
この鏡を向かい合わせると気が反射し合い強烈な気、エネルギーを出します。
これはよくない負のエネルギーです。
これによってそこは妙な空間となってしまいます。

 

敏感な人では合わせ鏡の空間があると怖い・・・と感じてしまう人がいます。
気の乱れで妙な空間を感じ取ってしまうからです。

 

そしてもう一つ気づかない内に合わせ鏡となってしまうことがあります。
3面鏡です。
しかし、3面鏡は便利ですし使いたいことが多くあります。
この場合基本的に使用しないときは鏡はおらずにフラットな状態にしておきます。
使用するときだけ折って3面鏡として使用します。
使用するときのみの短時間の使用にとどめておくことがおすすめです。

 

都市伝説にもあるように、実際に合わせ鏡はよくありません。
鏡を多く設置してあるのであれば、鏡に別の鏡がうつりこんでいないかをチェックするといいでしょう。
そして、合わせ鏡になってしまっていることがあれば、どちらかを取り外すなどの対応をしましょう。

スポンサーリンク

 

トップページ